スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<田原成貴元騎手>大麻所持で有罪 京都地裁判決(毎日新聞)

 大麻取締法違反(譲り受け、所持)の罪に問われた日本中央競馬会(JRA)元騎手で作家の田原成貴被告(50)=京都市北区=に対し、京都地裁は12日、懲役10月、執行猶予4年(求刑・懲役10月)を言い渡した。渡辺史朗裁判官は「仕事の悩みを紛らわすためという動機は酌量の余地に乏しく、社会的影響も無視できない」と述べた。

 判決によると、田原被告は昨年6月、知人男性から大麻約0.2グラムを無償で譲り受け、10月には自宅で別の大麻約0.3グラムを所持していた。

 田原被告は、01年、覚せい剤取締法違反の罪で東京地裁から懲役2年、執行猶予3年の判決を受けた。【熊谷豪】

【関連ニュース】
死体遺棄:練習馬場に埋めた乳児の遺体発見…多摩川河川敷
競馬:JRA最多…9頭落馬、6人が重軽傷 中山競馬場
競馬:ドリームジャーニーがV…単勝2番人気 有馬記念
ボクシング:元高校王者の原隆二が入門…競馬学校退学し
笠松競馬:存続決まる 一部地主との訴訟和解 岐阜

タクシー運転手のまたーりぶろぐ
携帯活用術
債務整理
クレジットカード現金化 還元率
自己破産
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。